フォト
無料ブログはココログ
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

ZENBACK


« 「土肥会」会員で、湯河原ゆかりの武将・土肥実平の花押を調べる 加藤 雅喜さん | トップページ | 第4回 越ヶ谷宿の雛めぐり 追記越谷ツインシティイベント »

2016年2月22日 (月曜日)

元横綱の朝青龍さんが、地元のモンゴルで日本種の【蕎麦】を‼

韃靼蕎麦の産地

ネパールやモンゴル、ロシアや中国北西部の標高の高い荒地は昔から蕎麦の原種、だったん蕎麦の産地です。
その一角であるモンゴルから・・・「えっ?」
今回は、あの元横綱の朝青龍さんが地元のモンゴルで日本の蕎麦の種を輸入し栽培している記事を見て、
非常に興味を抱いた次第です。

中国産の蕎麦の現状

近年の中国の近代化はとどまる所を知らず、急成長を続けて居る事は承知の通りですね。
日本の蕎麦の中国からの輸入量は半端なく、国内で消費される蕎麦のほとんどは中国産。
その中国も蕎麦の栽培からほかの作物への転換が進み、価格が高騰。
さらに残留農薬等の輸出不適合品も増えてきているとの事。
中国産の蕎麦は危うい状態に有る事は間違い無いであろうが、
何か問題が起きない限り今の状態を大きく改善するには相当の労力が必要だろう。

普通種や韃靼種(苦そば)ではない、日本種の蕎麦

国内消費量の79%が輸入、その内の80%が中国産、次いでアメリカ・カナダの北米産。
残った2%は、その年々において、オーストラリア、ニュージーランド、ミャンマー、モンゴル、ロシア、ブラジル、ウクライナ、ラトビアのいずれかの国から輸入しているそうですね。
朝青龍が進める日本種のそば栽培、先ごろ初の輸出が行われました。
(私もその記事を読み、非常に興味をひかれた次第です。ツイッターで【朝青龍】さんをフォローしちゃいました。)

ーーーーーー引用ココから

【朝青龍】確かに愛国心という気持ちは非常に強い。そして、モンゴルと日本の架け橋になりたい。今、一番力を入れているのは蕎麦の栽培です。
【飯島】蕎麦栽培というのは、横綱のイメージからほど遠いね。
【朝青龍】農業は素晴らしい産業です。モンゴルは、レアメタルなど鉱物資源が豊富ですが、そういった天然資源はいつかはなくなってしまう。でも、農業はずっと続けられるのです。
東モンゴルに20万ヘクタール(東京ドーム4万2500個分個分)の土地がありまして、土の状態を調べて農業地としてしっかりと整備して、広大な蕎麦畑をつくりました。日本が持っている世界最高のナノテクノロジー技術を導入して調査や実験をしました。北海道から蕎麦のタネを輸入して、最高に美味しい蕎麦が実りましたよ。日本の食べものは美味しい。モンゴルでも、ブランドとして信頼感があります。今年、テストで1000トンの蕎麦を実験的に日本に送り、北海道で「モンゴル そば祭り」を開催しました。とても好評でしたし、ゆくゆくは年間5万トンを輸出したい。
【飯島】日本は今、蕎麦の実の60%を中国からの輸入に頼っています。モンゴル産が安全でとても美味しいのは勿論ですが、輸入先が多様化すれば食料安全保障にもつながります。
【朝青龍】中国産だけに頼るのは日本にとってもよくない面がある。蕎麦畑があるのはノモンハン事件(日本の傀儡国である満州国とソ連の傀儡国であったモンゴル人民共和国との国境紛争)のあった土地です。そういうところに美しい日本の蕎麦の花を咲かせたかった。日本とモンゴルの平和のシンボルにしたいと思いました。
ーーーーーココまで

朝青龍さんがモンゴルで育てた日本種の蕎麦

いつかは使って見たいですね!

情報、お待ちしています♪

« 「土肥会」会員で、湯河原ゆかりの武将・土肥実平の花押を調べる 加藤 雅喜さん | トップページ | 第4回 越ヶ谷宿の雛めぐり 追記越谷ツインシティイベント »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26246/63251967

この記事へのトラックバック一覧です: 元横綱の朝青龍さんが、地元のモンゴルで日本種の【蕎麦】を‼:

« 「土肥会」会員で、湯河原ゆかりの武将・土肥実平の花押を調べる 加藤 雅喜さん | トップページ | 第4回 越ヶ谷宿の雛めぐり 追記越谷ツインシティイベント »

タグふれんず