フォト
無料ブログはココログ
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ZENBACK


« 埼玉県麺業青年会の『地産地消』の取り組み | トップページ | 幼稚園の作品展 »

2009年2月22日 (日曜日)

かもっこサブレー・かもっこ煎餅

かもっこサブレーに関しては、二度目のエントリーに成りますが・・・
http://asahiyasaburo.cocolog-nifty.com/asahiya/2007/11/post_4c65.html

『かもっこ』
越谷市心身障害者父母の会の通称であり、
子供達がサブレーと煎餅を、
袋詰め・箱詰め作業をしている商品名でも有りますです。

Kamokkozentai

以前ブログに上記の「かもっこ」の商品を紹介させていただきました。
その頃は、商工会青年部が推進する「鴨ネギ鍋」だけが、
新名物じゃないぞ・・・と言う感じがありまして・・・

そんな記事が目にとまったのか(もう2年前のエントリー)???
今日来店した3人組のお客さんが、
帰り際にお菓子の箱をだしまして、
「かもっこ」です。
「ネットでお引き立て下さり有難う御座います。」
「二代目の方ですか・・・」
「これが子供達が作っています『かもっこ』です。」

と言うやりとりの後、いただいちゃいましたです。
「かもっこ」!!!

Kamokkohako

折角ですので、中身を紹介します。
サブレーが5枚
Kamokkosabure

煎餅は、ゆたか堂さんの手作りせんべいが沢山入っています。
Kamokkosenbei

これらを袋詰めし、タイを結んで、箱詰めした物が売られています。
(しまった・・・いくらで売られているのだろう???)
Kamokkotoji

まだまだ売り場が少ないそうですが、
見かけたら是非購入していただければ幸いです。

いただいた商品は従業員・家族で、美味しく頂戴しましたです。
コンナつまらないブログに恐縮です。
これからも頑張って活動して下さい。
陰ながら応援していますです!!!

« 埼玉県麺業青年会の『地産地消』の取り組み | トップページ | 幼稚園の作品展 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26246/44136831

この記事へのトラックバック一覧です: かもっこサブレー・かもっこ煎餅:

« 埼玉県麺業青年会の『地産地消』の取り組み | トップページ | 幼稚園の作品展 »

タグふれんず