フォト
無料ブログはココログ
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ZENBACK


« 「埼玉ブランド農産物県民投票2008」トップ10 | トップページ | 退院 »

2009年2月14日 (土曜日)

クレソン

本棚を整理していると・・・
『失楽園』が出て来た。
亡くなった母が読んでた本だ・・・
もう10年になるのだと、フト思ったです。

映画の「失楽園」では、鴨肉とクレソンの鍋が登場してました。
そんなんで、昨晩は「鴨ネギ鍋」。
仕事がら材料は何時でも揃ってますので、
普段店では使わない、きのこ類とクレソンを買いまして・・・

鴨ネギ鍋レシピ
埼玉県麺業青年会で、生産者の所まで直接買い付けに行っている、
中瀬地区の『深谷ネギ』をぶつ切りに!
http://www.h2.dion.ne.jp/~saito55/
ぶつ切りにする事で、うまみと甘みを閉じ込めます。
※ぶつ切りにした長ネギには、
垂直方向に隠し包丁を適当に入れて置きましょう!
(ネギがバラけない、プロの気遣いです。)

[材料]
中瀬地区の深谷ネギ・・・2-3本
あい鴨肉・・・モモロール1本(冷凍)
豆腐・・・一丁、ごぼう・・・1/2本
野菜・・・白菜・人参など残り野菜で
きのこ(マイタケ、えのき、シイタケなど)・・・適宜
クレソン・・・適宜
[鍋汁]
こいくち醤油・日本酒・・・各大さじ4ぐらい
砂糖・本みりん・・・各大さじ2ぐらい
塩・・・小さじ1ぐらい
蕎麦屋のかつをの割りだし・・・カップ6(1200cc)
(醤油系の市販の鍋汁でOK!
鴨肉の脂と、青菜を楽しむ鍋です。)

[つくりかた]
1.中瀬地区深谷ネギをぶつ切りにしておきます。
2.ごぼうはささがきにして水にさらし、
豆腐、きのこ、クレソンは食べやすい大きさに切ります。
3.鴨肉は半解凍の状態で、薄切りに。
4.だしと調味料を併せて煮立て、鍋汁を作り置きます。
5.土鍋に鍋汁の2/3量ぐらいを煮立て、
ゴボウ、深谷ネギを入れ一煮立ちさせます。
6.鴨肉と残りの野菜、豆腐を適量毎に入れ、
火加減を調節しながらお楽しみ下さい。
(※注意 鴨肉は火を通し過ぎると、硬くなりますので食べる分だけ)
6.鴨の脂が浮いた所で、クレソンをしゃぶしゃぶしながら、いただきます。

« 「埼玉ブランド農産物県民投票2008」トップ10 | トップページ | 退院 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26246/44054301

この記事へのトラックバック一覧です: クレソン:

« 「埼玉ブランド農産物県民投票2008」トップ10 | トップページ | 退院 »

タグふれんず